男性特有の病気は様々ですが、亀頭包皮炎もその1つになります。

炎症を起こすという事なのですが、包茎の人であったり、小児の場合になってしまうとが多いのですが、どのような病気なのでしょうか?

亀頭、そして包皮の間に最近が繁殖してしまうという症状になり、先端が赤く腫れあがって、膿がでてしまうので、尿をする際には痛みが出てしまいます。

子どもに起こってしまうのですが、これは包茎が原因と思われる事が多く、皮膚内にたまってしまった、垢や細菌が増えてしまって、炎症を起こしてしまうので、膿の下着に黄色く付着してしまったり、ペニスが赤くなってしまい、痛みを伴った痒さが出てしまうのです。

成人でももちろん亀頭包皮炎になってしまう事はあり、これはセックスをする際に細菌が入り込み、炎症を起こすという流れになります。

皮膚は非常に柔らかく、薄く繊細ですので、細菌が入り込んでしまうと腫れあがって赤くなり、痒くなるという症状が起こります。

このような症状が起こってしまう亀頭包皮炎ですが、男性のデリケートな部分なので出来るだけ細菌が入らないような環境を作らなければいけません。

それは清潔にするという事は第一なのですが、セックスを行ったりする場合では相手ももちろん清潔でなくてはいけませんし、場所、環境なども大事です。

あとはセックスの前後でも清潔に保つケアを進んでする必要があるので、成人であれば予防する事は出来るので、出来るだけ清潔にし、汚れた状態で放置せず、触れる時は手も洗うなど、自己ケアが大事でしょう。

また炎症を起こしてしまった時は細菌が繁殖し続けるのを防ぐ為には消毒なりの手当てが必要になります。
抗生物質入りの軟膏などが病院でも処方されるので、亀頭包皮炎かもしれない!と思った時は放置しないで、お医者さんへ行くようにしましょう。

子どもの場合は親がケアしてあげなくてはいけませんが、子どもが痒みや痛み訴えた時は、亀頭包皮炎かもしれない!と予測して病院へ連れていってあげるようにしてください。

大人の亀頭包皮炎と治療薬